『ジャッシー』とのお別れは突然やってきました。
今では、峡北地区の3校が統合して北杜高校になっていますが、
わが母校、峡北高校に入学直後の出来事です。


『ジャッシーなんて言ってるは、田舎モンだけだぞぉ~
 おまん達は、ジャージっうのを知らんだか。。。』
体育の先生の発言は衝撃でした。。。


今思えば、思いっきり甲州弁で
一番守らなくちゃならない歴史的な『ジャッシー』を
否定されたんですから‥そりゃもう衝撃でした!!


英語の表記だと「jersey」
って書く「ジャージー」ですが、
そのまんまなんとなく「ジャッシー」って読んじゃった
甲府のスポーツ屋さんがどうも最初らしいですけど。


009

その衝撃には、ほかの理由もあります。
田舎モンと言われた上に、
初めて耳にする「ジャージ」というシロモノが
都会的なデザインならともかく‥
当時の峡北高校のジャージは丸首だったんですから(笑)
後にも先にも、ほとんど見たことないですよ。
おまけに、夏は暑い、裏が綿になっている素材でした。
案の定、私たちのひとつ下の学年から、
襟が付いたデザインに変更されましたけど。。。


まぁ一番の衝撃は、
この痩せていた頃のオレですね!!

オレの後ろで‥
鏡の前で頭をいじくっているのもなんだか田舎っぽいですけどね。
誰ズラかこの2人